疲れたらまずは青汁!青汁の疲労回復効果について

疲れたらまずは青汁!青汁の疲労回復効果について

健康食品として有名な青汁。この青汁には免疫力を向上させて風邪を引きにくくする効果、便秘を解消する効果、アンチエイジング効果など様々な健康効果が報告されています。

 

そして、この青汁にはこれ以外にも疲労回復にもおすすめできる飲み物です。

 

現代は非常に忙しくまたストレス社会でもあります。残業に追われて休む暇もないサラリーマンや、受験勉強に必死の受験生もいるかもしれません。このような生活を続けていて、栄養や睡眠が不足してくると疲労が溜まってきます。

 

疲労を回復するためにはしっかり食事をとる事と睡眠時間を確保する事が必要だと分かっていてもなかなか理想通りにはいきません。こんな時には疲労回復効果がある青汁を試してみてはいかがでしょうか。

 

疲労を回復するという点で効果を発揮する栄養素として有名なものとして、クエン酸、ビタミンB1などが挙げられます。また、日常的に疲労を感じてしまう慢性疲労状態の場合には活性酸素という物質が体内に溢れている状態になります。

 

この活性酸素を減らすためには抗酸化作用がある栄養素を摂取する必要があります。このような抗酸化作用がある栄養素としては、ビタミンA、ビタミンC、ポリフェノール、SOD酵素といったものが挙げられます。

 

上記で述べたような栄養素はすべて青汁には豊富に含まれている栄養素になります。そして、これに加えて青汁のメインの原材料であるゴーヤ・ケールも疲労回復効果は抜群と呼ばれている食材になります。ゴーヤは夏バテ防止に効果があるとされ、その疲労回復効果にも高い評価を得ています。

 

また、ケールも高い疲労回復効果を誇っている食材になります。上記のような栄養素を豊富に含み、メインの原材料も疲労回復に定評のある食材から構成されている青汁は、実は非常に優れた疲労回復のための健康食品であると言えます。

 

疲労回復という事では糖質や肉を食べればいいという意見も聞かれます。しかし、糖質が効果を発揮するためにはビタミンBが豊富に体内にあるという事が前提になります。肉類は一時的に疲労を回復させることが出来ますが、その後肉類を分解する際に体に負荷をかける結果となります。

 

そのため、疲労はすぐに回復しますが、すぐに疲れてしまい、結果として疲れやすい体質になってしまいます。青汁はこのような即効性のある疲労回復効果はありませんが、時間をかけて徐々に疲れにくい体に作り替えていくという体質改善効果があります。

 

本当に疲労に強い体を作りたい時は青汁を飲み続ける事をおすすめします。

 

関連ページ

健康維持に魅力な桑の葉青汁
私たち人が呼吸すると取り込んだ酸素の一部が活性酸素になります。活性酸素は身体に侵入してくるウイルスや細菌から守ってくれる働きがありますが、増えすぎると細胞の老化を早めてしまいます。細胞の老化が病気の原因になることがありますが、人にはもともと活性酸素を還元するSODと呼ばれる酵素を持っています。SODはスーパー・オイキサイド・ディムスターゼの頭文字からとった名称です。
青汁を毎日の生活に取り入れて、寒い冬を元気に乗り切ろう
青汁をご存じでしょうか。テレビCMでも取り上げられている、よく見かける商品ですよね。一番、有名になるきっかけはテレビのバラエティ番組で罰ゲームに使われていたからです。罰ゲームで青汁を飲んだ後のタレントさんの面白いリアクションで有名になりましが、実際は美肌に良いとされていたり、様々な効果がある栄養価の高い健康食品です。では、どんな効果があるのかご説明します。
忙しいあなたや高齢者にもおススメ!青汁で野菜不足を手軽に解消しましょう。
皆さんは青汁の効果をご存知でしょうか。それには便秘や野菜不足の解消、ダイエットや健康維持、生活習慣病予防など原材料によって種類が異なり、様々な効果があります。特に高齢者や忙しい人は野菜が不足しがちだと言われています。野菜の1日の推奨摂取量は350g。量にするとそれはもう大変な量になります。かと言って野菜ジュースは高いし甘すぎたり味が無かったりと、飲みにくいものもあるのでなかなか続かない・・そんな現代人の強い味方が青汁です。今回はその青汁のすばらしい効果についてお話していきましょう。
青汁で健康な体を手に入れよう!
健康に良い飲み物のひとつに青汁があります。しかし青汁は味が苦手で飲みにくく長続きしないという人もいるようですが、比較的飲みやすい青汁もたくさんあります。抹茶風味の味やリンゴとレモンがブレンドされている野菜ジュースのような味の青汁などもあります。そのためしっかり調べて購入すれば問題無いと思います。