青汁を毎日の生活に取り入れて、寒い冬を元気に乗り切ろう

青汁を毎日の生活に取り入れて、寒い冬を元気に乗り切ろう

青汁をご存じでしょうか。テレビCMでも取り上げられている、よく見かける商品ですよね。一番、有名になるきっかけはテレビのバラエティ番組で罰ゲームに使われていたからです。

 

罰ゲームで青汁を飲んだ後のタレントさんの面白いリアクションで有名になりましが、実際は美肌に良いとされていたり、様々な効果がある栄養価の高い健康食品です。では、どんな効果があるのかご説明します。

 

青汁の特徴について

そんな青汁の特徴とは、まずケールなど緑葉野菜の絞り汁です。色が緑なのにどうして緑汁じゃないのか不思議に思われるかもしれませんが、名前の由来は、青菜と言う野菜の名前から付けられているそうです。青菜は古くからある野菜なので、当初はこの野菜を絞って作られていたのですね。

 

次に、青汁はどんなものか、と言うと、ほとんどは粉末状で箱詰めになったものが販売されています。ただ、一部は絞ったままの液体の状態で小分けにパックされたタイプや、青汁入り飲料などが販売されています。

 

余談ですが、最近はかなり青汁商品が開発されていて、スーパーのチルドやパック飲料のコーナーには青汁入り豆乳や飲むヨーグルトなど、すぐに飲むことができる商品も発売されるようになりました。粉末タイプだとお湯が必要だったりするので、手軽に飲めるように改良されたのです。また、ヨーグルトや豆乳など、コラボすることでさらに栄養価がアップします。

 

とても体に良い青汁ですが、まずいというインパクトがありました。それは、CMで思わず「まずい」と出演者が言ってしまったことがきっかけですが、反対に青汁を有名にしたのです。でも、実際はそんなにまずくないので、ご安心して下さい。

 

飲みなれれば気にならない程度で、気になる人は牛乳で割ったり、はちみつを入れて工夫をすると大丈夫になるのが大半のようです。それに、最近では小松菜やヨモギに置き換えると美味しく飲めることなどがわかってきました。

青汁の効果について

青汁の効果についてですが、効果は作られている材料にあります。青汁は緑黄色野菜で出来ているので、使用している野菜の栄養価をそのままの状態で摂取することが出来るのです。

 

ですから、たくさんの野菜をそのまま取り入れられるイメージです。ただ、青汁に使われる野菜は、緑黄色野菜の中でも青菜や小松菜など栄養価が高いものを使用しています。これが、野菜ジュースと分かれてしまうところのようです。

 

青汁をコップ一杯飲んだとすると、ビタミンやカルシウムなど約10種類の栄養をバランス良く取ることができます。特に、ビタミンではみかん5個分の栄養を取ることが出来ます。ビタミンは風邪の治療や予防に効果があるので、インフルエンザなどが流行する寒い季節にも適していると言えます。

関連ページ

疲れたらまずは青汁!青汁の疲労回復効果について
疲労を回復するためにはしっかり食事をとる事と睡眠時間を確保する事が必要だと分かっていてもなかなか理想通りにはいきません。こんな時には疲労回復効果がある青汁を試してみてはいかがでしょうか。
健康維持に魅力な桑の葉青汁
私たち人が呼吸すると取り込んだ酸素の一部が活性酸素になります。活性酸素は身体に侵入してくるウイルスや細菌から守ってくれる働きがありますが、増えすぎると細胞の老化を早めてしまいます。細胞の老化が病気の原因になることがありますが、人にはもともと活性酸素を還元するSODと呼ばれる酵素を持っています。SODはスーパー・オイキサイド・ディムスターゼの頭文字からとった名称です。
忙しいあなたや高齢者にもおススメ!青汁で野菜不足を手軽に解消しましょう。
皆さんは青汁の効果をご存知でしょうか。それには便秘や野菜不足の解消、ダイエットや健康維持、生活習慣病予防など原材料によって種類が異なり、様々な効果があります。特に高齢者や忙しい人は野菜が不足しがちだと言われています。野菜の1日の推奨摂取量は350g。量にするとそれはもう大変な量になります。かと言って野菜ジュースは高いし甘すぎたり味が無かったりと、飲みにくいものもあるのでなかなか続かない・・そんな現代人の強い味方が青汁です。今回はその青汁のすばらしい効果についてお話していきましょう。
青汁で健康な体を手に入れよう!
健康に良い飲み物のひとつに青汁があります。しかし青汁は味が苦手で飲みにくく長続きしないという人もいるようですが、比較的飲みやすい青汁もたくさんあります。抹茶風味の味やリンゴとレモンがブレンドされている野菜ジュースのような味の青汁などもあります。そのためしっかり調べて購入すれば問題無いと思います。