忙しいあなたや高齢者にもおススメ!青汁で野菜不足を手軽に解消しましょう。

忙しいあなたや高齢者にもおススメ!青汁で野菜不足を手軽に解消しましょう。

皆さんは青汁の効果をご存知でしょうか。それには便秘や野菜不足の解消、ダイエットや健康維持、生活習慣病予防など原材料によって種類が異なり、様々な効果があります。

 

特に高齢者や忙しい人は野菜が不足しがちだと言われています。野菜の1日の推奨摂取量は350g。量にするとそれはもう大変な量になります。かと言って野菜ジュースは高いし甘すぎたり味が無かったりと、飲みにくいものもあるのでなかなか続かない・・そんな現代人の強い味方が青汁です。今回はその青汁のすばらしい効果についてお話していきましょう。

青汁の様々なメリット

青汁はその原材料によってケールや大麦若葉、明日葉など呼び名が異なり、中の成分もビタミンCから食物繊維やミネラル、β-カロテン、ビタミンB群などたくさんの物が市販されています。

 

その分効果も様々で、野菜不足の解消はもちろん、不眠症・便秘解消・美容・美肌効果・免疫力UP・ダイエットなどなど、メリットだらけです。野菜不足を解消することで血中コレステロールを抑制したり、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病も予防でき、健康維持に大いに役立ちます。

 

また、意外なものとしては便秘の解消から免疫力UPが期待でき、これは腸が免疫力と深い関係があることと宿便(便秘によって便が長期間、腸内にとどまる事)やお腹を下した時には免疫機能が落ちると言われているからです。

 

鼻炎や花粉症は時期によって本当に大変ですよね。免疫力が上がればそんなアレルギー疾患芋効果を発揮してくれるので、そんな方にもぜひ青汁をおススメします。

栄養満点!こんなにもたくさんの栄養素が

青汁には色んな効果があることは知っていただけたと思います。さて、一体何が関係しているからなのでしょうか。それにはたくさんの栄養素が含まれているからなんです。ビタミンCは抗酸化作用を持ち、美肌や粘膜の保護作用などを助ける働きがあります。

 

β-カロテンは主に免疫力を高めてくれる重要な栄養素で、本来にんじんなどの緑黄色野菜に多く含まれているものです。免疫力が高ければ風邪にもかかりにくくなり、病気に強い身体を作ることが出来ます。

 

他にも新陳代謝を浴してくれる効果のあるカリウム、骨の形成に必要なカルシウム、他にもたくさんのミネラル成分や栄養が青汁には含まれており、それらをまとめて摂取できるのです。

 

野菜やミネラルの不足をたった一つのもので補える、しかも青汁は粉末タイプや錠剤のもの、冷凍タイプなんかもあって飲み方も水でそのまま飲んでも良いし、飲みにくければ儒ー図やスポーツドリンクなどで割って飲みやすくするのも良いでしょう。毎日続けることで青汁のその素晴らしい健康パワーを得ることが出来ます。

まとめ

いかがだったでしょうか。手軽にきちんと栄養素を摂取できる上、健康維持やスキンケアにも効果のある青汁の魅力が分かっていただけたことかと思います。値段もお手頃のものが多く、すぐに今日から始められるので、この機会にぜひお試しください。

 

関連ページ

疲れたらまずは青汁!青汁の疲労回復効果について
疲労を回復するためにはしっかり食事をとる事と睡眠時間を確保する事が必要だと分かっていてもなかなか理想通りにはいきません。こんな時には疲労回復効果がある青汁を試してみてはいかがでしょうか。
健康維持に魅力な桑の葉青汁
私たち人が呼吸すると取り込んだ酸素の一部が活性酸素になります。活性酸素は身体に侵入してくるウイルスや細菌から守ってくれる働きがありますが、増えすぎると細胞の老化を早めてしまいます。細胞の老化が病気の原因になることがありますが、人にはもともと活性酸素を還元するSODと呼ばれる酵素を持っています。SODはスーパー・オイキサイド・ディムスターゼの頭文字からとった名称です。
青汁を毎日の生活に取り入れて、寒い冬を元気に乗り切ろう
青汁をご存じでしょうか。テレビCMでも取り上げられている、よく見かける商品ですよね。一番、有名になるきっかけはテレビのバラエティ番組で罰ゲームに使われていたからです。罰ゲームで青汁を飲んだ後のタレントさんの面白いリアクションで有名になりましが、実際は美肌に良いとされていたり、様々な効果がある栄養価の高い健康食品です。では、どんな効果があるのかご説明します。
青汁で健康な体を手に入れよう!
健康に良い飲み物のひとつに青汁があります。しかし青汁は味が苦手で飲みにくく長続きしないという人もいるようですが、比較的飲みやすい青汁もたくさんあります。抹茶風味の味やリンゴとレモンがブレンドされている野菜ジュースのような味の青汁などもあります。そのためしっかり調べて購入すれば問題無いと思います。